土地家屋調査士の資格を得て、土地や建物のトラブルを解決する

専門知識がある専門家に相談しよう

土地家屋調査士とは

部屋を見つけたい。中央区で賃貸物件を見つけたいなら情報量が自慢の当社にお任せください!あなたの理想の物件が見つかりますよ!

常に需要がある土地家屋調査士を最短で取得するためには

土地家屋調査士とは、不動産所有者からの依頼により、土地や建物を調査したり測量をして位置や土地面積などを明確にし、登記の申請手続きなどを行う専門家です。不動産の表示に関する登記を独占的に行うことができる国家資格で、不動産関連の仕事で活躍でき、常に安定的な需要があります。 土地家屋調査士は誰でも受験することができ、毎年8月に筆記試験が行われます。午前の部では平面測量と作図、午後の部では不動産登記や民法、土地、建物などに関して出題されます。なお、測量士、測量士補、建築士(1・2級)の資格取得者は、午前の部が免除されます。 難易度の高い午前の部に向けて勉強するよりも、まず取得しやすい測量士補の合格を目指してから午後の部だけを受験することが、土地家屋調査士への近道です。また、この筆記試験の合格者のみ、毎年11月に行われる口述試験を受験することができます。

隣人との揉め事にも活躍します

土地家屋調査士は、土地の売買や建物を建てる時にも深く関わります。まず、建物を建てた時には、敷地の調査や接続する道路についての手続きの手伝いや、現地の測量結果をもとに建物表題登記を申請します。 また、土地を売買する時、境界がはっきりわからないとトラブルに巻き込まれることがあります。そうならないためにも境界を明確にし、境界杭を設置したり土地の境界画定図というものを作成します。しかし、この境界が原因で深刻な対立が起こることもあります。当事者間での解決が難しい場合、以前の解決手段は裁判制度しかなく、時間も費用の負担も大きくかかりました。そこで、全国に境界問題相談センターが創設され、ある条件をクリアーした土地家屋調査士が認定土地家屋調査士となり、弁護士と共同で業務を行って早期解決に向けて活動しています。

  • 理想の住宅

    理想の住宅を建てるならば注文住宅で建てる方法が良いでしょう。Webの一覧から注文住宅の依頼をしたいハウスメーカーを選び、自分の建てたい住宅のイメージを伝えましょう。

    詳細はこちら

  • 賃貸物件探し

    賃貸住宅を選ぶ際のポイントは人それぞれでしょう。中でも立地を考慮して選ぶ方は多く、駅から近い物件を中心に探す方もいるでしょう。良い物件を探すには不動産会社に直接訪問するほうがいいとされています。

    詳細はこちら

  • 中古の魅力

       

    中古一戸建てを購入する場合、まずはその相場を知っておいたほうが良いでしょう。基本的には新築よりも手が出しやすい金額になっています。中古一戸建てを購入するときはしっかりっとチェックするようにしましょう。

  • 土地を選ぶ

       

    マイホームを実現させるためには土地が必要となってきます。それだけではなく、住宅を建てたい土地の周辺を確認することも大事です。これから済むことになるので、暮らしやすい場所を探すようにしましょう。

  • 変わりゆく住宅事情

       

    住宅事情は時代によって移り変わっていきます。最近では高層タワーマンションのような高い階層のマンションも建設されるようになりました。このように集合住宅の形も移り変わっているのです。